アロエの冬越え。日当たりの良い場所と最小限の水やりがポイントです。

アロエは暖かい地域の植物ですので冬場の管理は重要です。

 

比較的寒さに強いキダチアロエ、寒さに弱いアロエベラなどの違いはあるものの、基本的に寒さは苦手だと思って間違いありません。

 

そこで、冬場の管理はどうすればいいのか?
置き場所・水やりなどの基本的な管理方法を解説します。

 

スポンサーリンク

 

アロエの冬越え

アロエは寒さが苦手だといっても零下2℃程度までは耐えることができます。

 

しかし、問題になってくるのが昼夜の温度差です。昼夜の温度差はアロエを弱らせます。それが鉢植えだったりするとなおさらです。

 

そのことからも冬越えのための管理が必要となりますので、その辺のことを詳しく解説していきます。

 

置き場所

冬のアロエを管理するベストな置き場所は日当たりの良い窓際です。

 

しかし、他の植物も育てている場合、日当たりの良い窓際はいわゆる鉢植えの植物にとっての一等地ですよね。

 

そんな良い場所にアロエを置くのは難しいかもしれません。

 

アロエベラでは難しいですがキダチアロエなら多少の寒さも耐えられるので、東北や北海道の極端に寒い地域でなければ屋内にさえ取り込んでおけば問題ないかとおもいます。

 

日の当たる玄関や、ベランダの簡易的な温室など、直接的な冬の寒さにさらされない場所に移動させておきましょう。

 

アロエの置き場所

 

ちなみに我が家のベランダは冬になると雪が吹き込むので、室内に入れて管理しています。

 

毎年、増えすぎたアロエの鉢が室内に入りきらずにベランダで凍結してしまうので、残念ながら枯らしてしまうことになっています。。。

 

水やり

冬場のアロエは成長がゆるやか、もしくは休眠しています。

 

そんな休眠状態のアロエに水を与えすぎてしまうと、いつまでも土が乾燥せずに根腐れやカビの原因になってしまいます。

 

アロエは水を切ってしまっても枯れることはありませんので、冬の間の水やりは最小限に抑えておきましょう。

 

 ⇒関連記事:アロエの水やり方法

 

水を抑えて暖かな日差しの窓際がベストです。

アロエは暖かい地域の植物ではありますが零下2℃程度までは耐えることができるので、室内にさえ取り込んでおけば特に心配する必要はありません。

 

置き場所などは多少難しいかもしれませんが、秋ごろになったら室内の日当たりの良い場所に移動させておきましょう。

 

そして、できることなら日当たりの良い窓際がベストポイントです。冬の寒い日でもポカポカと日の当たる温かい場所に置いてあげると元気な状態のまま冬を越せるようになります。

 

スポンサーリンク

トップへ戻る