アロエの栽培には「水やり」が最も重要な作業のひとつです。

アロエを枯らしてしまう最も多い原因が過湿です。

 

そのことからもアロエ栽培においては、水やりのテクニックが重要であることは間違いありません。

 

よく、暖かい季節は日に一回、その他の季節は週に一回などと説明されていますが、厳密に言えばそんな簡単なものではないのです。

 

単純に何日に一回、何ccという表現は難しいので、「適度な湿度を安定的に持続させる」ことを目標に管理していくべきです。

 

スポンサーリンク

 

アロエの水やり方法

アロエの適切な水分量は、天候・温度・用土の構成・鉢の素材とサイズなどすべての要素が関係しています。

 

水やりは鉢全体によくまわることが大切ですのでたっぷり与えなければなりません。したがって水を与えた直後は過湿状態になります。

 

アロエの根は過湿状態では活動できませんので、水はけの良い用土の構成や鉢の素材・サイズであることが重要です。

 

極端に乾きが遅い場合はアロエが健康的な状態でないか、用土の構成や鉢が適正でない可能性があります。

 

水やり直後の過湿時間が長くなると根腐れの原因になったりしますので、水やり頻度や用土の構成・鉢の種類などを見直す必要があります。

 

 ⇒関連記事:アロエに適した土の作り方

 

水やりの頻度

適切な目安としては、気温が高くアロエの成長が活発な時期であれば表面から1/4程度乾いたら水やりをする。

 

冬季などアロエの成長が停止状態であれば、鉢底から2〜3cmくらいにに水分が残る程度乾いたら水を与えるのが適正な頻度だといわれています。

 

用土の乾きぐあいは経験を積まなければ難しいので、はじめのうちは用土を掘り返してみたりして確認してみると良いでしょう。

 

難しければ竹串などを挿しておいてときどき抜いてみると乾きぐあいがわかります。

 

また、水やりの経験を積んでいくと、栽培環境に応じた用土の配合や鉢の選定もスムーズにできるようになってきます。

 

アロエの鉢植えを管理する場所に適した用土・鉢であれば、管理をするのも楽になってくるので、はじめは練習だとおもって経験を積むのも大切なことです。

 

水やりは経験です。

水やりのテクニックは一朝一夕で身に付けられるものではないので、少しずつ水やりのコツを掴んでいくしかありません。

 

と、、難しいように書いてきましたが、キダチアロエやアロエベラなどの水管理はさほど難しいものではないので、過湿にならないようにだけ気をつけて管理してみてください。

スポンサーリンク