アロエを育てるうえで無視できないのが夏場の管理方法です。

アロエは暖かい地域の植物ですので、寒さには弱いものの暑さには耐えられます。

 

しかし、鉢植えで育てている場合、置き場所によっては根を傷める結果にもつながりますので注意してください。

 

夏場の管理方法も基本的な育て方と同様にポイントは置き場所と水やりになるのですが、暑い夏特有のポイントもありますので覚えておいて損はないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

夏場にアロエを弱らせないために

夏場のアロエの管理で気をつけなければいけないのが強い日差しと熱せられる置き場所です。

 

鉢植えの場合、土の用量が少なく温度変化が大きくなることが予想できますので、熱によってアロエの根を傷めることのないように管理しましょう。

 

夏場の置き場所

アロエは日光が大好きな植物ですが、室内管理のアロエをいきなり日に当ててしまうと葉やけを起こします。

 

強い日差しには徐々に慣らしていくようにしましょう。

 

 ⇒関連記事:アロエの育て方。置き場所や水やりなど

 

また、強い日差しで地面が熱せられるような場所で管理しているとアロエの根を傷めてしまいます。

 

日当たりの良いベランダなど、過度に熱くなるような場所では注意が必要です。

 

すのこを敷いたりなど、直接ベランダの床に置かないような工夫が必要です。

 

夏場の水やり

夏場はアロエの成長が活発になり、毎日水やりをすることも増えてくるかと思います。

 

しかし、あまりにも日当たりがよく、鉢内の温度が上がりすぎてしまうような場合、湿った土は鉢内の温度を上げてしまいますので、水やりは日差しが弱くなってくる夕方以降に行うのがベストです。

 

濡れた土が熱せられるとアロエの根を傷めてしまいますので注意してください。

 

鉢植えの場合、意外と難しいのが夏場の管理です。

アロエは生命力の強い植物なので、普通に管理していればなかなか枯らすことはありません。

 

しかし、私は夏場に何鉢かダメにしてしまったことがあるのですよ。その原因は、ベランダの床が熱せられて高温になったためです。

 

普段、鉢植えのアロエをベランダに直置きしてしまっているので、ベランダが高温になってしまうとみるみるうちにアロエが弱っていきます。

 

そのためベランダに直置きする場合は、地面の温度が上がり過ぎないように対策をとる必要があります。

 

多少面倒ですが、元気なアロエを育てるためには大切ですので頑張ってみましょう。

スポンサーリンク