アロエの増やし方で最も成功率の高い株分けの方法。

アロエを増やす方法として最も確実なのが株分けです。

 

アロエを正しく育てていると、親株の太い根から新しい株が発生します。

 

その新株を切り離して増やしていくのが株分けです。

 

株分けは挿し芽や挿し木とは違い、はじめから増やす芽に根が付いていることから失敗の少ない増やし方です。

 

植え替えの際に子株ができていたら親株から切り離して増やしてみましょう。植え付けと水やりのタイミングさえ間違わなければ簡単に増やせます。

 

スポンサーリンク

 

株分けの手順

正しくアロエを育てていると子株ができてきます。

 

子株は親株の根とつながっているので、植え替えの際に切り離して増やしていくのが基本になります。

 

株分けの手順を紹介します。

 

  1. 親株の植え替えの際に子株を切り離す。
  2. すぐに植え替えると切り口から腐りやすいので日陰で1週間ほど乾燥させる。
  3. 切り口が乾燥したら植え替える。
  4. 1週間ほどで根が安定してくるので水やりを開始する。

 

以上が株分けでアロエを増やす手順になります。ポイントは切り口を乾燥させることと植え替え後の水やりのタイミングだけです。

 

それさえ守ればまず失敗することはないので、気軽にアロエを増やすことができます。

 

アロエを増やしたい場合には株分けから試してみましょう。

株分けは最も簡単にアロエを増やせる方法です。切り口と水やりのタイミングさえ間違わなければ確実に定着させることができます。

 

しかし、親株を健康的に管理できていなければ子株はできず、増やすのに時間がかかってしまうのがデメリットとも言えます。

 

また、鉢にある程度の余裕がある場合には、子株を切り離さなくてもそのまま大きく成長させることができます。

 

アロエと鉢のバランスを考えながらそのままにするか分けるかの判断をしてください。

 

株分けが確実な方法といっても切り離した直後は株が弱っている状態ですので、直射日光や寒暖の差を避けて管理すると良いでしょう。

スポンサーリンク