アロエは植え替えが必要です。時期も大切なので年に一度、頑張りましょう。

管理に手間のかからないアロエですが、窮屈な鉢植えをしているとどうしても土が酸性化してしまったり、養分が減少してしまうため植え替えが必要になります。

 

時期的にはアロエが成長しはじめる気温になってからが適期です。東京なら3月、それより北なら4月といったイメージです。

 

梅の花が咲いたら植え替えをする。

 

桜の花が咲いたら植え替えをするなど、自分なりに決めておくと忘れずに植え替えができるかとおもいます。

 

 ⇒関連記事:アロエの植え替え方法

 

アロエの植え替え時期

アロエの植え替えは成長時期ならいつでも行うことができます。4月から9月の暖かい季節であれば植え替えに失敗することはありません。

 

しかし、アロエの成長する期間をよりよい環境で育てるためには、4月から5月のアロエが動き出す時期に行うのが最適です。

 

用土の更新とムダ根の整理は鉢植え栽培にとって大切なことですので、適切な時期に植え替えをすることをオススメします。

 

活発に成長する若い苗の植え替え

植え替えは年に一度が基本ではありますが、発育旺盛な若い苗は年に一度と言わず、2回、3回と移植することでよく育つ場合もあります。

 

鉢中に根が詰まってしまって成長が阻害されるようであれば、初春だけと言わず、初秋にもう一度植え替えることも有意義な植え替えになります。

 

アロエは適期に植え替えることによって生育がスムーズになります。

鉢植えでの栽培はアロエに限らず全ての植物にとって自然なものではありません。

 

少しでもアロエに負担をかけないためにも、用土の更新とムダ根の整理は必要不可欠な作業です。

 

また、移植は少なからずアロエに負担をかけることにありますので、活発に成長して根付きやすき季節に行うことが大切です。

 

まずは年に一回、初春の植え替えを心がけましょう。

スポンサード リンク