アロエをジュースにして摂取する方法

アロエのレシピとしてアロエジュースがあります。

 

アロエジュースにはアロエと氷をミキサーで混ぜただけのものや、バナナとハチミツと一緒に混ぜたものなど、多数のレシピがあります。

 

また、砂糖と一緒に混ぜ込んでエキスを抽出した梅ジュースや酵素ドリンクのように作ったものもあり、意外と奥の深いものです。

 

そこで、このページでは基本的な数種類のアロエジュースの作り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

アロエジュースの種類と飲み方

アロエジュースにはアロエと他の食材をミキサーで攪拌するスムージーやフレッシュジュースのように作る方法と、砂糖とアロエ葉を混ぜ込んで水分を抽出する梅ジュースや酵素ドリンクのように作る方法があります。

 

前者はすぐに飲めるので手軽ですし、後者は時間はかかりますが酵素ジュースとしての効果も期待できるので健康目的であればとても優れたドリンクになります。

 

アロエとバナナのスムージー

アロエとバナナのジュースは毎朝でも飲みたい栄養たっぷりのジュースです。

 

材料

  • アロエ:3〜4cmくらい(少量から)
  • バナナ:1本
  • 牛乳:200cc
  • ハチミツ:大さじ2杯

 

作り方

  1. アロエをキレイに洗いトゲを取ったらスライスする。
  2. アロエ・バナナ・牛乳・ハチミツをミキサーにかける。
  3. 濃すぎる場合は氷や水で薄める。

 

トゲを取ったアロエをミキサーにかけるだけなので、とても簡単に作ることができます。

 

また、牛乳やハチミツとともに摂取するので、毎朝飲みたい栄養たっぷりのスムージーになります。

 

アロエで作る酵素ドリンク

アロエと砂糖だけで作る簡単な酵素ドリンクです。
発酵を伴いますので、使用する広口ビンはしっかり消毒しましょう。

 

材料

  • アロエ
  • 砂糖:アロエの60%ほど

 

作り方

  1. アロエをキレイに洗って2cmくらいにカットする。
  2. アロエと砂糖を交互に広口ビンに詰める。
  3. 翌日には水が上がってきます。
  4. 夏なら1週間、冬なら2〜3週間でアロエを取り出したら完成です。

 

 

アロエを発酵させる工程で、空気が少なすぎるとアルコールになってしまいます。

 

酒税法に違反しないためにも、アルコール分1%以上にならないように気をつけてください。


 

上記のレシピ以外にも楽しみ方は多数

レシピに使っている砂糖を三温糖に代えただけでも、ジュースの風味は大きく変化します。

 

そんな違いを楽しみながらいろいろなアロエジュースにチャレンジするのも、アロエの楽しみ方のひとつだとおもいます。

 

ジュースは飲みやすいので、くれぐれも飲み過ぎないようにアロエライフを満喫してください。

スポンサーリンク

関連ページ

アロエを食べるなら生食がベスト!基礎的な調理法を解説します。
アロエの基本的な食べ方を紹介します。効果・効能を目的にして食べるのであれば生で食べるのがいちばんですが、加工しても穏やかな効果を期待できますので目的にあった食べ方をしましょう。
ヨーグルトに入れて食べれば簡単に生のアロエを食べることができます。
アロエヨーグルトはアロエの食べ方で最もポピュラーな食べ方です。作り方も簡単ですので、毎朝の健康習慣にいかがでしょうか?
アロエのハチミツ漬けは苦味を和らげつつアロエとハチミツの二重の効果を得られます。
アロエのハチミツ漬けはアロエの苦味を抑えて効果を穏やかにします。炎症を抑える効果も期待できますので、乾燥の気になる季節にいかがでしょうか?
保存が難しいアロエですが、アロエ酒にすれば長期保存が可能です。
アロエ酒は保存性が高く薬酒としての効果も期待できるオススメのアロエ活用法です。作り方は他の果実酒と同じですので、気軽に作ることができます。