アロエの増やし方

アロエを食べるようになると大量に消費します。当然のことながら1株ではまかないきれなくなってくるかと思います。

 

そこで、株を増やすためにはどうすればいいのか?

 

基本的な3パターンの増やし方を紹介します。どの方法も比較的簡単で正しく行えば失敗することはありません。

 

キダチアロエに比べてアロエベラの成長は遅くじれったく感じるかもしれませんが、本格的に食用を考えているなら早めに増やしておくことをオススメします。

 

と、言ってもアロエは正しく育てていれば自然と増えていくものなので、基本の育て方をしっかり守って元気なアロエを育てることを心がけましょう。

 

アロエの増やし方の手順

アロエの増やし方には3つのパターンが存在します。樹形を気にせず行えるのは子株を分ける方法と新しくできた芽を挿し芽することです。

 

以下に基本的な3つの増やし方を紹介します。

 

株分け

アロエ 株分け

 

根の付いた子株を分ける「株分け」は失敗が少なく、ほぼ間違いなく根付く方法とも言えます。

 

親株の根を傷めないように子株を根分けして、日陰で切り口を乾燥させてから土に植えつけます。

 

水やりはすぐに行わずある程度根が張ってから与えるようにするのがポイントです。

 

≫「アロエの株分け方法」詳細へ

 

挿し芽

アロエ 挿し芽

 

アロエを使用する際は下のほうから葉を使っていきます。

 

すると、切った後から新芽が出てくるので、その新芽を切り取って増やすのが「挿し芽」です。

 

新芽を切り離して切り口を1週間ほど日陰で乾燥させます。
乾燥したら土に挿して固定します。

 

水やりは1週間後から週に1回程度が目安です。約1ヶ月ほどで発根しますので、植え替えて徐々に生育環境に慣らしていってください。

 

しかし、あまりにも小さな新芽は繁殖力が弱いので、ある程度大きくなってから挿し芽をするのが成功のポイントになります。

 

「アロエの挿し芽方法」詳細へ

 

挿し木

アロエは下の葉から使っていきます。すると次第に茎の割合が増えすぎてしまって見栄えが悪くなってしまいます。

 

そんな時、間延びした部分を切り詰めて樹形を整えるのですが、切り詰めた上の部分を挿して増やすのが「挿し木」です。

 

基本的な方法は挿し芽と同じですので、切り口をしっかり乾燥させてから土に挿しておきましょう。

 

切り取った親株からも新芽が出てきますので大切に管理を続けてください。

 

≫「アロエの挿し木方法」詳細へ

 

アロエは環境さえ整っていれば増やしやすい植物です。

3パターンの増やし方をご紹介しましたが、どの方法も正しく行えば比較的簡単に増やすことができます。

 

特に株分けは水やりのタイミングさえ間違わなければ確実に根付きます。

 

挿し芽・挿し木はアロエの状態によっては失敗することもあるかと思いますが、親株さえ元気なら何度でもチャレンジできますので気軽に試してみることをオススメします。

スポンサード リンク