アロエの苦味を抑えて効果を穏やかにする食べ方

健康のためにアロエを摂取したい!
そうおもっても毎日アロエの葉を食べるのって面倒ですよね?

 

そこでオススメしたいのがアロエのハチミツ漬けです。
アロエハチミツをお湯や水、炭酸水などで割って飲むだけなので手軽です。

 

また、アロエ酒のようにアルコールも含まないので、ちょっとした気分転換やお子さんも飲めるので使い勝手が良いかと思います。

 

スポンサーリンク

 

アロエのハチミツ漬け

アロエには炎症を抑える効果がありますので、のどがイガイガするときなどにもアロエハチミツが効果的です。

 

1週間ほどで作れますので、乾燥や花粉症のひどい季節にいかがでしょうか?

 

ハチミツはアロエの苦味を和らげて、効き目を穏やかにしてくれます。

 

また、健康食品として有名なハチミツとアロエの成分を、二重に摂取できることからもオススメの食べ方になります。

 

ハチミツ漬けの作り方

アロエのハチミツ漬けは生のアロエ葉・レモン・ハチミツで作られます。

 

キダチアロエでもアロエベラでもどちらでも作れるので、手持ちのアロエで試してみてください。

 

  1. アロエの生葉・レモン・ハチミツを準備します。
  2. アロエ葉はよく洗ってからとげを取り除いておきます。
  3. アロエは2〜3cmの千切り、レモンは輪切りにします。
  4. アロエとレモンをふた付きの容器に入れ、隠れるくらいまでハチミツを注ぎます。
  5. 5〜6日ほど置けば完成です。

 

 

アロエのハチミツ漬けの保存は冷蔵庫で行ってください。
また、アロエから多くの水分がでますので、長期間の保管には向きません。

 

2〜3日間で使いきれる少量ずつ作ることがポイントになります。


 

アロエハチミツの使い方

基本的にはお湯や水・炭酸水などで割って飲みます。

 

ハチミツと相性の良い飲み物であれば美味しく飲むことができますので、効能を求めるだけでなくドリンクとして味を楽しむためにもオススメです。

 

なによりも美味しく楽しむことが大切です。

ハチミツ漬けはアロエの苦味を抑えることができますので、苦味が嫌でアロエが苦手だという方にはオススメです。

 

のどを大切にしたい方や乾燥でつらい思いをする方など、簡単に作れるアロエハチミツはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

トップへ戻る