アロエに適した肥料と施肥方法

アロエに肥料は必要ないと聞いたことがありませんか?しかし必ずしもそんなことはなく、ある程度の肥料分はアロエの成長に欠かせないモノです。

 

最低限、使用する土には多めに腐葉土を配合しておく必要がありますし、それだけでは足りずに液体肥料や置き肥をする必要が出てくるかとおもいます。。

 

そこで、アロエに適した肥料について考察していこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

アロエに適した肥料と施肥方法

アロエに適した肥料は有機肥料です。

 

化学肥料でも問題はありませんがアロエに直接触れてしまうと根を傷める恐れがあるので使用には細心の注意を払う必要があります。

 

また、アロエは食用のモノも多く、食べることを考えるとなんとなく有機肥料で育てたいところですね。

 

理想は有機肥料、化学肥料を使う場合は細心の注意を

アロエに最適な肥料は生ごみから作った肥料だそうです。

 

しかし、自宅で肥料を作るのは大変ですよね?

 

そこで市販の肥料を使うとすると、油かす・乾燥鶏糞・牛糞堆肥などの肥料が適しています。(乾燥鶏糞はリン酸が多いので少なめに与えましょう)

 

アロエは肥料不足で起こるトラブルよりも肥料過多で起こるトラブルの方が圧倒的に多い植物ですので、足りないかな?くらいの少量与えるのが基本になります。

 

また、化学肥料は強すぎるものが多く、アロエの根に触れてしまうと肥料焼けを起こしてしまいます。

 

そのことからも有機肥料が使えないのであれば、必要に応じて液体肥料を使ったほうが無難なのかもしれません。

 

アロエの施肥方法

植物の施肥方法にはいくつかの種類があります。

 

多くの多肉植物では1年に一回腐葉土を含んだ土で植え替えをしていれば施肥をしなくても問題なく育つとも言われています。

 

しかし、成長の早いアロエなどでは成長時期に肥料不足になる可能性があります。多肉植物には窒素分の少ないゆっくり長く効く有機肥料がオススメです。

 

元肥

植え替え時の用土に混ぜ込んだり、鉢底に置く施肥方法です。

追肥

用土の上に置き肥したり水やりの際に液肥を入れる施肥方法です。

 

元肥を入れる場合には、植え替え時の土に混ぜ込んだり鉢底に置いたりします。どちらの方法も化学肥料には向きませんので有機肥料を使ってください。

 

オススメはゆっくりと効く牛糞たい肥です。鉢底におく場合には直接根に触れないように注意してください。

 

ちなみに、私は牛糞堆肥を鉢底のほうに元肥として使用しています。

 

アロエの施肥方法

 

アロエの元肥は用土に混ぜ込んだほうが良いと書かれている本が多いのですが、サボテンの栽培方法として紹介されていた上記の方法でも問題なく育っています。

 

施肥の方法は多種多様ですので、いろいろ試してみるのも面白いかもしれません。

 

家庭で肥料を作る方法

生活環境にもよりますが、ベランダなどでも生ごみを利用した肥料を作ることができます。

 

時間はかかりますが、アロエに適している使い勝手の良い肥料が作れます。作り方自体は簡単ですので機会があれば作ってみてはいかがでしょうか?

 

  1. 直径30cmくらいの鉢と受け皿・フタを用意する。
  2. 底から10〜15cmほど乾いた土を入れ、その上に生ごみをためます。
  3. 水がしみ出てくるので臭いやコバエに注意しながら管理します。
  4. 生ゴミがたまってきたら厚さ2cmくらいの土をかぶせます。
  5. 1〜2ヶ月ほど放置しておけば肥料になります。

 

庭があれば、底を切り抜いたバケツなどを土に埋めて同じ工程をすれば、臭いや害虫を気にすることなく簡単に肥料を作ることができます。

 

強すぎる肥料はアロエにとって害でしかありません。

アロエの肥料について書いてきましたが、必要以上の肥料や強すぎる肥料は害でしかありません。

 

そもそも肥料分は最小限でも育つ植物ですので、明らかな肥料不足を感じない限りは少量の元肥や置き肥だけでも十分です。

 

私は主に牛糞堆肥を使っています。牛糞堆肥は肥料分が少ないので根に直接触れてしまっても傷めにくいのでオススメです。

 

どの肥料を使うにせよ、まずは少な目の肥料から与えてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

トップへ戻る