アロエの効果や効能など

アロエは古くから民間薬として使われています。

 

私は寒い地域で育ったこともありアロエを身近なものに感じることはありませんでした。そんな私ですら、やけどや便秘に効果があるということを知っているほどアロエは一般的なものとして認知されています。

 

日本では沖縄や九州を中心とした比較的暖かい地域では日常的に使われているそうです(テレビ番組から得た知識なので自信はありません)。

 

日本ではアロエと言えばキダチアロエがポピュラーな存在です。

 

しかし、アメリカだとアロエベラが最も親しまれています。以前はアロエベラは手に入れにくい品種だったのですが、最近では近所のホームセンターなどでもキダチアロエとアロエベラが並べて売られているようになりました。

 

そんなアロエに含まれている有効成分を解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

アロエに含まれている有効成分

アロエの成分と効果効能については様々な研究が進んでいます。それによると、アロエの有効成分を大きく分類すると3つの成分に分けられます。

 

植物フェノール系成分 アロインなど
多糖類系成分 アロエマンナン・グルコン酸など
その他の成分 アロエチン・アロミチン・アミノ酸・ビタミン・ミネラル・植物ホルモン・葉緑素・サポニンなど

 

植物フェノール系成分には、下剤・鎮静鎮痛・細菌繁殖阻止・酵素活性抑制など。多糖類系成分には、美肌・消化吸収・キズの治癒・血糖値降下・抗がん・強壮・消炎・細胞活性化・殺菌など。その他の成分には、強い抗菌・抗カビ作用を持つアロエチン、解毒・抗がん作用を持つアロミチンなどの効果が確認されています。

 

一般的に解明されている成分だけでも多くの効果に期待が持てます。

 

また、アロエの成分や効力についてはまだまだ研究段階ですので未知数な部分が多数含まれています。そのことからもアロエは効果的な民間薬といって間違いありません。

 

しかし、過信は禁物です。カラダに異常を感じたらすぐさま医師の診断を受けるようにしましょう。アロエはお守りのような気持ちで使用することをおすすめします。

 

適量を見極めなければ危険を伴います。

アロエの成分のなかにはとても強いものも含まれています。適量を見極めて一度に大量に使用することのないように気をつけましょう。また、子どもやお年寄り、虚弱体質の場合には少なめの量から試してみて、適量を見極めることが大切です。

 

アロエには強い下剤効果があります。

 

正しい使い方をしていれば良い薬として使用できますが、妊娠中や整理中の女性にとっては毒にもなりかねません。そういった場合にはアロエを食べることは避けるべきです。

 

特に妊娠中には危険を伴いますのでアロエの食用は控えましょう

 

アロエの効果効能のポイント

アロエヨーグルトに使用されているのはアロエベラ

私たちが普段購入して食べているアロエヨーグルトなどに含まれているアロエはアロエベラです。キダチアロエに比べて葉が大きくゼリー部分の苦味が少ないのが特徴になります。そのことからも薬というよりは食用として使用したい場合にはアロエベラを栽培するといいかもしれませんね。

 

用法用量さえ守って使えばとても優れた民間薬

アロエには便秘の改善・美肌・殺菌など、様々な日常の悩みを改善してくれる効果があります。そのことからも分かるようにアロエに含まれている有効成分は薬効の強いものです。薬効が強いということは毒にも薬にもなりえます。

 

使用方法や摂取量には十分に注意してアロエを役立てていきましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

キダチアロエの効果や特徴は?オススメの理由を説明します。
キダチアロエの効果や特徴などを解説します。キダチアロエは育てやすく日本で最もメジャーなアロエですので、オススメのアロエです。
可食部の大きなアロエベラは食用に適したアロエです。
アロエベラはキダチアロエよりも効果が穏やかで、苦味も少なくとても取り入れやすいアロエです。基本的な成分は同じですので、苦味が気になる場合にはアロエベラをオススメします。
ダイエットにもアロエを活用してみてはいかがでしょうか?
アロエには便秘改善やストレス海鮮から代謝を活発にさせてダイエット効果があるといわれています。もちろんアロエだけで痩せられるとは思いませんが、ダイエットをサポートしてくれることは確実です。
肌の調子を整えるためにもアロエはとても有効な方法です。
アロエには肌をキレイにする成分が数多く含まれています。また、保湿効果も高いのでアロエ風呂やアロエ化粧水などでプルプルの美肌を目指してみてはいかがでしょうか?
アロエの新陳代謝促進効果と保湿効果は髪にも有効です。
美しい髪には健康的な頭皮環境が必要不可欠です。アロエには新陳代謝の促進や、保湿効果がありますので効果的に活用しましょう。